源泉徴収って、得してるのん?損してるのん?

◆源泉徴収はどんな時に使う?

会社員の人は、毎年一月ごろに、前の年の所得額と納税額、社会保険料の金額などをとりまとめた書面を交付されますが、これを源泉徴収票といいます。
また、この書面は会社を退職する時にも交付されます。
その場合は、年の途中であっても、退職時点でいったん締め切られ、その時点の所得額や納税額等が記載された状態で支給されます。

これらの書類は、いつどのような場合に使うのでしょうか。

まず、退職した人が、同年中に別の会社に就職する際には、前の会社からもらった源泉徴収票を新しい勤務先に提出する必要があります。
新しい勤務先は、この書面の提出を受けて、その人の年度途中までの収入額や課税額を把握することができるのです。
これは、必ず必要な書類ですから、前の会社から交付された源泉徴収票を紛失した場合には、必ずその職場に連絡して、新しい書類を再交付してもらわなければなりません。

全ての雇用主には、全社員に対して、必ずこの書類を交付する義務があるのです。

また、再就職の時以外にも、この書類を使う場面があります。
いつかと言えば、それは確定申告を行う時です。
確定申告は、自営業者や二カ所以上から給与の支給を受けている人が対象となります。

ちなみに確定申告の提出期間は例年、二月の中旬から、三月の中旬までです。
直前になって慌てないように、事前に用意しておきましょう。
(夏直前になって慌てないように→ミュゼ 脱毛も同じですね。)

確定申告の提出の仕方が分からない場合は、税務署に問い合わせるといいでしょう。


menu

  ◇◆トップ

  ◇◆源泉徴収はいつまで保管してたらいいの?

  ◇◆源泉徴収で年収がバレる

  ◇◆記事タイトル

  ◇◆記事タイトル